Windows 10で、ふと気づいたらCドライブの空き容量がほとんどない状態に。数ヶ月前に、そんな状況で256GBのSSDから512GBに載せ替えたので安心していたのですが、これも埋まってしまうとはやはりなんだかおかしいです。

Cドライブの使用状況を調べてみました。使ったツールはこちらの記事で取り上げたWizTree

WinDirStat VS WizTree

解析結果がこちら。

System Volume Infomationがやたらと容量を食っています。これだけで220GBを超えていますから、これが原因と見て間違いないでしょう。

いろいろと調べてみたところ、これはシステムの復元ポイントが保存されているもののようです。

ということで、自分のPCのシステムの復元関係の状況をチェックしてみます。コントロールパネルの「システム」で、左のメニューの「システムの保護」を開きます。

今回の対象は「Cドライブ」ですからそれを選び、「構成」ボタンを押します。

「最大使用量」が「100%」になっています。ドライブすべてを使って良い設定に。なるほど、これが問題なのでしょう。

とりあえず、約100GB(21%)に変えてみました。適量がわからないので、今現在試用してい200GB強の半分程度にしたと言うだけです。それ以上の根拠はありません。

これで「適用」を押してみました。

注意喚起のメニュー。「はい」です。

処理はすぐに終りました。

ドライブの使用状況を再度チェック(スキャン)してみた結果がこちら。

設定値の100GB位までに減ってくれています。これで良いのか(こんなに減らしてはいけなかったのか、もっと減らしてもいいのか)、しばらく様子を見てみることにします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク