おてがる配送(ヤマト運輸)で採寸ミスされた

ヤフオク!でのトラブルの話。とは言っても、出品とか落札とかのトラブルではないです。

では、何かと言えば、発送に関して。

今回、わたしは出品者。出品時に発送方法として「おてがる配送(ヤマト運輸)」っていうのを選択しました。落札されたので、これで発送。

「おてがる配送」だと住所や名前を書かなくていいので楽です。いや、書かないことよりも、聞かなくて良いのが良い点。個人情報云々が厳しい今の時代、聞きたくもない情報を聞かなくてよいのはトラブルを避けることからも良い仕組みだと思います。

そこまでは良いのですけど、この「おてがる配送」だと、荷物の引受時に寸法や重量のチェックはしないんですよね。あとでヤマトでチェックして、その寸法等が採用されます。発送者(自分)はそれに対して一切のコメントはできません。

あ、これはコンビニ持込の場合。ヤマトの営業所に持ち込んだ場合は知りません。その場で寸法チェックされるのかな?コンビニの方が近いので営業所に持ち込んだことはありません。

この「その場では寸法などのチェックはしない」という方法は、効率化のためには良い仕組みだと思います。でも、その場で(対面で)測ってくれないのはちょっと不安。


そして今回、トラブりました。

発送前に何度もしっかり寸法を確認しました。ところが、請求された送料は1サイズ大きいサイズの料金。でも、「こちらは文句言いません」が前提条件の契約ですから、泣き寝入りするしかないです。

あれ、絶対にちゃんと測ってませんね。もしかしたら、見た目だけで決めているのかも。想像で言っちゃいけないんでしょうけど…。

何度も寸法は何度もチェックしたので自信ががあります。普通に宅急便を使う場合だと対面で測ってくれますよね。自分で事前に測った寸法が間違っていた(サイズが違った)ということはありません(60サイズのつもりが80サイズだったということはないという意味)。


ですので、今回も絶対に間違っていないはず。でも、証拠はない。たとえ証拠があったとしても、「文句は言いません」って事前に納得済みなのでどうしようもないです。

想定よりも大きなサイズでの扱いになった結果、落札者から頂いた送料よりも、引かれた送料の方が多くなってしまい、その分、受取額が減りました。

1サイズの違いですので、差額は数百円。今回の落札額に対しての割合だと10%近い金額ですので、インパクトはそれなりに多い気です。


幸いだったのは、落札者が近場の方だったということ。遠方だと送料が上がりますから、1サイズでの料金の差も大きくなります。最小限の被害ですんだとも言えるかもしれません。

あの仕組みは、こういう採寸ミスが一定の確率で起きうると思って利用するのが良さそうです。わかっていれば、多少は、精神安定上いいかも。悔しいけれど…。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク