AdSenseの関連コンテンツユニットが使えるようになりました

AdSenseの管理画面で「関連コンテンツ」のところを開いたら、なんと、このブログがその対象になっていました。

関連コンテンツユニットが使用できるのは、トラフィック量とページ数がGoogleが定める要件を満たしていなければなりません。詳細はこちらのヘルプにあります。

ただ、その要件の具体的数字は示されていないので、どうにも判断ができないのがもどかしいところです。

このブログは、運用年数が長いのでそれなりのページ数はあります(内容はともかくとして^^;)。しかし、いかんせん、トラフィックが少ない。つまりは、大した需要はない記事ばかりということ。かといって、このブログでトラフィックを稼ごうと思っているわけでもないので、需要度外視の記事を書き続けています。そのため、一向にトラフィックが増える気配はありません。

こちら、Analyticsのレポート。

ユーザ数は日によって結構違いますが、大体70~170程度。平均すれば一日あたり100ちょっとでしょう。その前の期間(破線のグラフ)と比べても同じくらいで推移しています。また、ほとんどの訪問者さんは直帰していますので、ページビューはユーザ数とほぼ等しいです。せいぜい、1.1倍くらい。一日あたりで言えば120~130PV程度、月間で4000PV程度でしょうか。ものすごく少ないです。

ついでにこちら、Jetpackによるトラフィックのグラフです。

これで見ると、ここ数ヶ月は一年前に比べればトラフィックは増加傾向ですが、それでも月間で4000~5000PVっていうところですね。

こんな状態ですから、AdSenseの「関連コンテンツユニット」は諦めていました。

ところが、最初に書いたように、 AdSenseの管理画面で「関連コンテンツ」のところを開いたら、このブログも対象に入っていました。こんなにマイナなサイトでも関連コンテンツユニットを開放してくれるんですね。ビックリです。

そういば、最近やったことといえば、Site Kit by Googleを設置したこと。まぁ、たまたまタイミングが近かっただけでしょうね。関係はないだろうと思います。

ともかく、使えるようになったのなら、設置しない手はないですから、早速実行。

設定はデフォルトのままで、コードを取得。

このコードを貼り付ければOKです。

記事の下辺りに設置してみました。しかし、実際とのところ、いくら広告が増えたところで、トラフィックを増やさないことには、収益面ではどうにもならないですけどね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク