エックスサーバーとConoHa WINGパックの比較

私が今使っているレンタルサーバは、エックスサーバーConoHa WINGの二つ。それぞれ最も安いコース、つまり、それぞれ、スタンダードとベーシックです。もう何年も使っていますが、使っているうちにスペックがどんどん上がっていきます。

現状の主な仕様はどうなっているのか、比較表にしてみました。

エックスサーバー、スタンダードConoHa WINGパック、ベーシック
料金(12か月契約の場合の月額)1,100円911円
初期費用3,300円無料
お試し期間10日間なし
SSD300GB300GB
転送量無制限無制限
データベース数無制限無制限
データベースひとつあたりの上限5GB5GB
vCPU6コア6コア
メモリ8GB8GB
RAIDRAID 10RAID 10

こうして並べてみると、完全に互角と言っても良さそうですね。

いつの間にか記憶媒体はSSDになり、容量も300GBにもなっています。転送量の上限も撤廃されていました。データベースの上限が5GBにも驚きました。ちょっと前までは上位コースで1GBっていうところも多かったような気がします。

お値段据え置きでどんどん良くなるのですから、ありがたいことです。

この他、自動バックアップが14日分というのもどちらにもあります。また、ドメイン数無制限とか、無料SSLが使えるとか、そうしたことは今や当たり前過ぎて比較対象にもならないので載せていません。

スペック上は互角の二つ。そうなると主な違いは料金面ですね。

ConoHa WINGパックの方が一か月あたりの料金は安いですし、初期費用もかかりません。しかし、お試し期間はなし。

エックスサーバーには10日間のお試し期間があります。その期間だけ使ってみて、好みに合わないなら無料で解約可能です。しかし、料金は少々高い(一か月あたり189円の差)。また、初期費用もかかります。なお、今は初期費用無料のキャンペーンをやっています(3月24日まで)。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク