AdSense、広告主のURLをブロック

AdSense広告でどうにも不快なものが表示されることがあります。ジャンルでのブロックを行っているので変なのはあまり出ないのですが、それでも普通の通販サイトっぽくありながらも扱っている品が不快なものとかが多々あったり。

そういう場合は、広告主のサイトのURLを直接指定してブロックします。

やり方を簡単に。

まず、AdSenseのメニューを開きます。

「ブランド保護」→「コンテンツ」→「フロックのコントロール」を選択します。

「広告主のURLを管理」をクリック。

「URLを入力してください」の枠にブロックしたい広告主のURLを入力します。

ここで注意点が一つ。上の説明文にもありますように「URLを確認するために広告をクリックすることは、AdSenseプログラムポリシーに違反」してしまいます。これは面倒ですけど、しょうがないですね(本当はそうしたクリックくらいは対象外として機械的に処理してほしいものです)。まぁ、広告主の名前などで検索すればすぐに見つかるでしょう。

ここでは、例としてこのサイトのURL(ドメイン)を使います(当たり障りがないように)。

URLを入力して「検索」ボタンを押せば該当するURLが表示されます。

この時点では、ステータスが「許可済み」となっています。このスイッチをクリックすればブロックできます。

「ブロック済み〕と表示されて、これ以降は広告が表示されなくなります(もしかしたら、多少のタイムラグはあるかもしれません)。


不快な広告をブロックすることによって、それ以外の広告が表示される機会が増えて報酬増につながるかもしれません。

でも、もしかしたら逆に報酬が減ってしまうかもしれません。不快と思われる広告でもクリックする人が多いかもしれませんからね。やってみなきゃわかりませんし、やってみればわかります。おそらく、ほとんど変らないっていうケースが多いのではないかとも思いますけど…。

もし、報酬が減ってしまった場合、報酬を優先するなら上と同じ手順でブロックを解除すればOKです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク