サイト内に別サイトを埋め込む

別のサイトを埋め込むiframeというHTMLタグがあります。

ところがこのiframeタグ、WordPressでは使えません。どうやら、セキュリティ上の理由とか。詳しいことはよく知りませんけど。

他のサイトを埋め込むこと自体は問題ではないだろうと思います。そんなこと言ったら、YouTubeの埋め込みとかもできなくなってしまいますので。

[スポンサードリンク]

iframeプラグイン

詳しいことは置いておいて、WordPressでもiframeを使いたいと思う人はやはりいるようで、探してみるとプラグインが複数見つかりました。その中で、最もシンプルっぽいその名もズバリ「iframe」というプラグインをインストールしてみました。

使い方は至って簡単。というか、iframeタグそのもの。違うのは、HTMLだと< >で囲むのが、これだと[ ]で囲むことになるだけ。その他のオプションなどは、まったく同じ(そのまま引き渡される)みたいです。

例えば、「JRおでかけネット」のサイトを埋め込むには、次のように書きます。

[iframe src="https://www.jr-odekake.net/"]

実際に埋め込んだものがこの下。

という具合にちゃんと埋め込まれています。上にも書いたように、本来のiframeのオプションも指定できますので、例えば、幅や高さを指定してみると、

[iframe src="https://www.jr-odekake.net/" width="300" height="200"]

というふうになります。メデタシメデタシ。で終わればいいのですが、実は、そうはいかないのです。

[スポンサードリンク]

埋め込めないサイト

というのは、表示できないサイトがあるのです。いや、その方が多いというか。例えば、Google、Yahoo!、首相官邸、東京都、NHK、JAXA、、、軒並みエラーになります。例えば、首相官邸のサイトを埋め込んでみます。

[iframe src="https://www.kantei.go.jp/"]

この下、エラーが表示されると思います。

エラーメッセージはWebブラウザによって違います。Chrome、Firefox、Edgeでエラーになることを確認しました。

そんな中、ようやく見つけた埋め込めるサイトが「JRおでかけネット」だったのです。

埋め込めないサイトは、そのサイトの方で埋め込みの拒否をしているんでしょうかね?

埋め込む方法はある。でも、埋め込めるかどうかは、相手のサイト次第、ってことのようです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク