WordPress専用サーバのwpXを解約しました。

背景

wpX自体に不満があったわけではないのですが、解約を決めた理由の一つが9月30日がちょうど契約の区切りだったこと。そして、もう一つがwpXそのものが終了すること。正確には、新規申込みが終了なんですけど。すでに契約している人はそのまま継続利用できます。でも、まぁ、そのうちサービスも終るでしょう。終わらなくても、システムの更新は見込めないように思います。こちらがその終了案内。

こうした状況を踏まえ、ある意味いいタイミングなので解約することにしたわけです。

せっかく機会ですから、解約の手順をキャプチャしました。記録として残しておきます。参考になれば。

なお、解約の前にwpXで運用していたサイトは別のサーバに引越しました。それはまた別の記事として書く予定です。

解約手順

サーバーアカウント解約

wpXの管理パネルにログインし、左サイドバーの「契約管理」タブを開きます。

「その他のお手続き」の中の「退会・解約」を開きます。

「サーバーアカウント」の「解約」をクリックします。

「解約申請」ボタンをクリックします。

内容を確認し、「サーバーアカウントの解約申請(確定)」ボタンをクリックします。

受付完了のメッセージが表示されます。

これで、サーバーアカウントの解約手続きは終了です。

独自ドメイン解約

もし、wpXで独自ドメインを取得しているなら、それも解約します。

あくまで「wpXで取得しているならば」です。他(例えば「お名前.com」など)で取得してwpXでそのドメインを使用しているだけならここは関係ありません。

私も、wpXではドメインの取得は行っていないので、この作業は無しです。

会員ID退会

最後に「退会」手続きを行います。サーバーを解約したので料金は発生しないはずですが、会員を続ける理由もないので退会します。

「会員ID」の「退会」をクリックします。

「退会申請」ボタンをクリックします。

内容を確認して「wpXの退会申請(確定)」ボタンをクリックします。

これで退会完了です。

wpX Speed

上に書いた通り、wpXの新規受付は終了したわけですが、その理由の一つが、より高速なサーバサービスを始めたからのようです。新サービスの名称はwpX Speed。分かりやすいですよね。

ともかく早いことが売りみたいです。

料金体系が以前とは違って、月額固定ではなく、使用量に応じた従量課金制になっています。とはいえ、料金には上限があります。いくつかのプランが用意されており、一番安いコースが月額最大1,200円(税別)。いくら使っても月に1,200円というわけです(消費税は別ですが)。

コースによる値段の違いは、メモリの容量、CPUのコア数、ディスクの容量といったところです。より大規模なサイトをたくさん使いたい場合は上位コースがいいですよ、という話。

詳細はこちらをご覧下さい⇒ wpX Speed

なお、10月24日(18:00)までは3,000円のクーポンがもらえるそうです。どれだけ速いのか実際に試して見るチャンスですね。



スポンサードリンク