Chrome拡張のGoogle サイト運営者向けツールバーを使えば自分のサイトに表示されたAdSense広告をテストクリックできるという話を聞きました。そこで、実際に試してみます。

「Google サイト運営者向けツールバー」とは?

AdSenseヘルプに説明があります。

色々と機能があるようですが、一番興味があるのは「テストクリック」です。自分のサイトに表示されている広告ってどんなものか見てみたいという誘惑に駆られることがよくあります。しかし、AdSenseの規約上、自サイトに表示された広告をクリックすることはできません。でも、このツールバー経由であれば、不正クリック扱いにならずにテストクリックができるそうです。

[スポンサードリンク]

インストール

これもAdSenseヘルプに説明があります。

インストールの手順自体は一般的な「拡張機能」と同じです。こちらがchromeウェブストアの直リンクです。

インストールすると、ツールバー上にアイコンが追加されました。これをクリックしてみます。

えっ!いきなり一番上に衝撃的な注意が。なんと、このツール、今年(2020年)5月までしか使えないとのこと。3月12日にその旨のお知らせが出されたようです。

データはAdSenseなどの管理画面で見られるとのことですが(当たり前)、肝心のテストクリックの機能はそれらにはありません。最も期待していた機能だけに、がっかりです。

[スポンサードリンク]

試してみる

でも、せっかくインストールしたので、試してみます。

まずは、アカウントを有効化します。上の図の青色のボタンを押します。とりあえずは、AdSenseの方だけ。

そうすると、ツールバーのアイコンが青色に変りました(それまではグレーでした)。再び、アイコンをクリックしてみます。

こんな感じで、ページ内の広告の情報が表示されました。

と言いたいところですが、すぐには出ませんでした。「あれ?おかしいなぁ」と思いつつ、あちこちのページを開いてみていたら、そのうち出てきた、という感じです。出てこない場合はこういう表示。

また、すべてのAdSense広告が拾われるわけではないみたいです。リスト上に出てこないものがあったり、同じページでも見る度にリスト上に拾われる数が違ったり。下の方に表示される広告ほど拾われにくいみたいです。

さらに、サイトによってはまったく広告が認識されないものもありました。サイトのせいなのか、サーバのせいなのかまでは切り分けられていませんが。←まったく認識されなかったサイトも、半日くらいしてからチェックしたら広告が認識されていました。時間がかかる場合があるということなのかもしれません。

と、まぁ、こんな具合に、「見られるものもある」という感じです。完璧には程遠いという印象。だから、提供をやめてしまうのかもしれません。代りにもっといいものを出してくれることを期待したいものです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク