AdSenseの管理画面を見たら、「注意」が来ていました。

色から見て、「警告」ではなく、「注意・お知らせ」の類だろうと思います。「1/3」とあるので、全部で3つあると思われます。一つずつ見ていきます。

収益損失の可能性

一つ目は、上の画像のものです。広告クローラーのエラーとのこと。「操作」をクリックしてみます。

「ページが見つかりません」とのこと。サイト全体ではなく、この特定の1ページだけのようです。消してしまったページでしょうか?詳細を開いてみます。

あれ?これはWordPressのプレビュー画面ですね。それなら、なくて当然。と言うか、なぜ、これが広告クローラーの対象になったのか不思議です。

対処のしようもないので、放置です。しばらくしても消えないとか、再び同じようなものが来たらそのとき考えます。

[スポンサードリンク]

サイトリストに含まれていないサイト

サイトリストに含まれていないサイトで広告コードが見つかったていうのですから、深刻ですね。登録し忘れたサイトがあったんでしょうか?

「操作」を開いてみます。

ここに記載されたドメインには見覚えがありません。私のサイトではあリません。ということで「いいえ」を押して処置は終了です。

しかし何でしょう?コンテンツをパクられたんでしょうか?

ちょっと調べてみたら、どうやら翻訳サイトみたいです。ドメイン名がそれっぽいですね。

www.translatoruser-int.com

ここをアクセスすると翻訳サイトが開きます。今は別のドメインにリダイレクトされるようですけど。

ということで、コンテンツをパクられたのではなくて、翻訳サイト経由でアクセスされたことがあるのでしょう。

[スポンサードリンク]

YouTube関連指標

三つ目。

これはいつも表示されているものです。単なるお知らせだと思います。

以上、どれも特段問題になりそうなものではないようで安心しました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク