※注意※ この方法は結局上手くいきませんでした。詳細はこちらの記事。

この記事は記録として残しておきます。


エックスサーバーのWordPress関連の機能として「WordPress簡単移行」があります。

こちら、そのオンラインマニュアル。

これは他社のレンタルサーバで稼働しているWordPressをエックサーバーに移行するというものです。簡単な操作でサーバの移行ができる便利なものです。

これを使えば、単純なサーバ引越しだけではなく、引越しと同時にドメインも変えることがができそうです。であれば、エックスサーバー運用しているWordPressのドメイン変更にも使えそうです。

ということで、実際に試してみたのですが、結果を言えば、上手くいきませんでした。作業自体はできるのですが、引越しが中途半端な状態です。具体的には、コンテンツ内のURLの書き換えまではやってくれないようなのです。

もっと具体的に言うと、画像のURLが前のドメインのままなのです。

例えば、この記事の上の方にある画像。HTMLではこのように記載されています。

<figure class="wp-block-image size-large is-style-default"><img src="https://affilife.sainoa.com/wp-content/uploads/2020/12/Xserver_WP_move_01.png" alt="" class="wp-image-6114"/></figure>

ご覧のとおり、imgのsrcは絶対URLで表記されるのです。もし、このサイトをexample.comドメインに引っ越すとしたら、この記事内のURLを下記のように変更しなければなりません。

<figure class="wp-block-image size-large is-style-default"><img src="https://example.com/wp-content/uploads/2020/12/Xserver_WP_move_01.png" alt="" class="wp-image-6114"/></figure>

しかし、「WordPress簡単移行」ではそこまでは面倒を見てくれず、前のままなのです。そのため、引越し元の画像を消去してしまうと、新しいサイトでは画像が表示されなくなります。画像は引越した先のサーバに転送しているにもか関わらず、です。

これはやり方が間違っているとかではありません。エックスサーバーのサポートに問い合わせたら自分でドメインを書き直すようにとの回答でしたので。

というわけで、実際に書き換えた話がこちらです。


余談

srcを下のように相対URLで表記していればこんな問題は起きません。

<figure class="wp-block-image size-large is-style-default"><img src="/wp-content/uploads/2020/12/Xserver_WP_move_01.png" alt="" class="wp-image-6114"/></figure>

ドメインを書かないのですから、ドメインに関する問題が起きないのは当然です。相対URL表記でも、下のようにちゃんと表示されます。

WordPerssの画像貼込みがなぜ絶対URL表記なのかは、個人的に長年の疑問です。何かしらのメリットがあるからこそ、採用しているのだろうとは思うのですが…。もし、その理由をご存じでしたら教えてください。

ちなみに、All-in-One WP Migraionはこのコンテンツ内URLも引越し先のドメインに変更してくれます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク