先日、エックスサーバーの「WordPress簡単移行」機能を使ってドメインの引越しを行いました。しかし、これではコンテンツ内のURLが旧ドメインのままという中途半端な状態でした。詳細はこちらの記事に書いたとおりです。

そこで、ツールを使って、コンテンツ内のURLを新ドメインに書き換えました。詳細はこちらの記事。

これで一件落着と思っていたのですが、実は、上手く行っていませんでした。WordPressの管理画面にログインした状態では問題ないと思っていたのですが、ログアウトしたらエラーが表示されていました。つまり、普通にサイトを見に行くとエラーメッセージが表示されるという、非常にまずいし、また、みっともない。

あれこれ試してみたところ、テーマに依存しているようでした。そのサイトではテーマとしてCocoonを使っているのですが、Cocoonの子テーマを止めて親テーマを直接使うとそのエラーは表示されないという不思議な状態。念のため、子テーマを最新のものに入れ換えてみましたが、状況は変らず。

また、Cocoonの設定もできなくなっていました。設定しても反映されないのです。

Cocoonの問題かとも思ったのですが、引越し前は問題なかったですし、ここで別のテーマに変えると話がややこしくなってしまいそうです。

そこで、一旦、引越したサイトを削除し、改めて、別のツールで引越しをやってみました。使ったのはAll-in-One WP Migration

手順は上の記事のとおりで、とても簡単。ドメインの引越しにも対応しています。

結果は問題ありませんでした。エラーは起きず、Cocoonの設定も普通に行えます。もちろん、子テーマで大丈夫。

最初からAll-in-One WP Migrationで引っ越せば良かったです。エックスサーバーにせっかく専用の機能があるので使ってみようと思ったのが失敗でした。あれは、あくまでも(ドメインはそのままで)サーバ間の引越しに使うツールと思った方が良さそうですね。ドメインも選択できるのでドメイン変更にも使えそうですが、今回のような罠があります。サーバ間の引越しでもドメインの変更を伴うと同じような問題に嵌りそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク