サイトマップがなくなった?

Search Consoleを見ていたら、トラブルを起こしているサイト(WordPress)がありました。サイトマップが「読み込めませんでした」になっているのです。とはいえ、すでに解決してしまいましたし、そのときの画面はキャプチャしなかったのでお見せできないのですが…。

備忘録として、背景とか何をやったら解決したかを書いておきます。なくなった原因がわからないので、もしかしたら、また同じようになることがあるかもしれませんから。

まず、状況。

そのWordPressのサイトでは、Google XML Sitemapsというプラグインでサイトマップを生成しています。超有名なプラグインです。サイトマップのファイル名は「sitemap.xml」です。これをアクセスしたら、なぜか「wp-sitemap.xml」が開きます。そして、「404 Not Found」。

wp-sitemap.xmlって、WordPressが作るサイトマップです。バージョン5.5から対応されました。が、これ、機能が低くて、いまいち使い物になりません。サイトマップに掲載するページの除外とかできませんし。それで、これまで通りGoogle XML Sitemapsを使っています。ですので、Search Consoleに登録しているサイトマップのファイル名は、sitemap.xmlです。wp-sitemap.xmlではありません。

しかし、上に書いたようにsitemap.xmlをアクセスしたらwp-sitemap.xmlに連れて行かれる(リダイレクトされる)状態。そんな設定はしていないはずなんですが…。

しょうがないので、WordPressのサイトマップ機能を強制的に停止させました。やり方はこちらの記事を参考に。

要点(やること)だけ書いておくと、以下のコードをfuncition.phpに追加すればOKです。

add_filter( 'wp_sitemaps_enabled', '__return_false' );

実際にはfuncition.phpに書くなどという乱暴なことはせず、Code Snippetsプラグインを使いました。でも、まぁ、そこは本質ではありません。ともかくwp-sitemap.xmlは停止しました。

これでsitemap.xmlをアクセスしてもwp-sitemap.xmlにリダイレクトされることはなくなしました。が、しかし、相変わらず「404 Not Found」です。

Google XML Sitemapsの設定を「更新」してみましたけど、効果なし。

次の手として、Google XML Sitemapsを一旦無効化して、再度、有効化。ただし、この場合は設定内容が失われるので、現状の設定内容をメモ(スクリーンショットが手っ取り早い)しておきます。

これで、ようやく、sitemap.xmlが開けました。

Search Consoleでもサイトマップのステータスが「成功しました」になりました。

改めてSearch Consoleのカバレッジを確認すると、9月14日まではサイトマップがちゃんとアクセスできていたようです(15日から「サイトマップに送信していません」が急増している)。

以上、解決はしたのですが、そもそもなぜsitemap.xmlが開けなくなったのか、また、wp-sitemap.xmlにリダイレクトされるようになったのかがわからず、気持ち悪さが残っています。

稀なケースかも知れませんが、こんなことがあったということで。何かおわかりの方がいらっしゃいましたら教えてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク