Googleのクローラの活動が活発化?

一週間ほど前からGoogleのボットによるアクセスが急激に増えています。アクセスログには蜘蛛のアイコンがたくさん(最近はあまり聞きませんが、クローラのことをスパイダと言ったりもしますのでそれを表しているのでしょう)。

こちら、ページビューのグラフ。

緑がページビュー(PV)で、青がIPアドレス数(≒ユーザ数)。グレーは28日前のもの(比較用)です。緑のグラフが急激に上昇しています。

PVが大きく伸び始めたのは2月10日から。15日にはさらに一気の増えて1000を超え、その後も高い水準が続いています。こちらのツールでは、クローラのアクセスも取得するように設定しています(除外するようにも設定できますが)。

もう一つのアクセス解析の方はクローラを除外しているようで、アクセス数の急激な伸びは見られません。

クロールの増加はSearch Consoleでも確認できます。

ただ、こちらでは、クロール数が伸びたのは14日から。先程の上のものとはずれていますし、極端な増加には見えません。

そのためか、カバレッジにも特段の変化はありません。

しかし、気になります。このクローラによるアクセスの急激な増加は。この傾向はコカのサイトでも見られました。全世界的な傾向なんでしょうか?

今まで以上にSearch Consoleのチェックをした方がいいのかもしれません。何か変化があれば早く気付けるように。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク

SEOPV,クローラ

Posted by サイノア