Search Regex 3.0(PHP 8.0対応)

Search Regex 3.0リリース

Search Regexプラグインのバージョンアップの通知が来ました。今度のバージョンは3.0。長らくベータ版だったのがようやく正式リリースされたようです。

Search Regex 2.4.1はPHP 8.0非対応

これまでのSearch Regex 2.4.1ではPHP 8.0で動かないという問題がありました。このプラグインが動かないだけならまだしも、WordPress自体が動かなくなるので致命的です。

そのため、PHPを7.4.xにしていました。Search Regexは普段は使わないので無効化していますから、PHPのバージョンを上げても良いのですけど、一応。

更新履歴確認

今回、Search Regex3.0がリリースされたのでこれでPHPを8.0にバージョンアップしても問題ないはずです。一応、更新履歴を確認します。

あれ?PHP 8.0に関する記述は見当たりませんね。でも、以前から「PHP 8.0には自バージョンで対応する」っていう話だったので、きっと大丈夫でしょう。実際にインストールして確かめてみます。

インストール

Search Regex 3.0へバージョンアップ

WordPressの管理画面で更新を行うだけです。特に変ったことはありません。

PHP 8.0に設定変更

レンタルサーバの管理画面でPHPのバージョンを切り替えます。下はエックスサーバーのものです。

念のため、WordPressの管理画面のヘルスチェックでもPHPのバージョンを確認しておきます。

8.0.16と表示されているので大丈夫でしょう。

動作確認

ここまででPHPのバージョンを上げましたが、特に問題は起きていません。これは当然ですけど。

続いて、Search Regex 3.0の動作を見ていきます。

Search Regexを有効化

これまでプラグインを無効化していましたので、有効にします。

有効化しても問題は起きません。以前のバージョンでは、PHP 8.0の環境だとエラーを吐いていました。それが起きないので大丈夫なのでしょう。

Search Regex 3.0を実行

では、Search Regex 3.0を動かしてみます。

Search Regex 3.0の画面を開いたら一番上に「リリースノートを見よ」とのメッセージがあります。リンク先(リリースノート)はこちらでした。

以前のバージョンとは雰囲気が変っていますね。PHP 8.0に関する記述はここにも内容です。

ともかく動かしてみます。

検索

まず、検索。

「regex」というワードを検索してみます。検索だけすので、Actionを「No action」にします。

ちゃんと検索できているようです。

置換

今度は置換。

Actionは「Global Text Replace」、検索語は「PHP 8.0」、これを「PHP 8.1」に置換。まずは、「検索」します。

置換後のイメージが表示されていますね。良さそうですので「すべて置換」。

プログレスバーが表示され、しばらく待っていると完了しました。

対象となったページを表示してみます。

指定通りに置き換っています。OKです。でも、これはテストで行ったものですので、また元のように置換し直しておきます。


以上、Search Regex 3.0がリリースされたので、PHP 8.0への以降の障害が減ったという話でした。


この記事を書いた直後にエックスサーバーがPHP 8.1をサポートしました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク