サーバのPHPのバージョンを上げたことをきっかけに、Dagon Design Sitemap Generatorプラグインが動かなくなったので、別のサイトマップ生成プラグインをインストールします。ふと思いつくのは(言い換えると、使ったことがあるのは)、PS Auto Sitemapというプラグイン。使ったことがあるものなら安心なので、これをインストールします。

と思ったら、最終更新から4年が経過しています。完全に放置状態のもののようです。安定しているから更新されていないだけかもしれませんが、現在のWordPressでの動作検証も行っていない状態のようなので、やはり気になります。

別のプラグインを探してみると、ズバリな名前の物がありました。

WP Sitemap Page。最終更新は2か月前、有効インストール数が20万以上とメジャー、現在のWordPressとの互換性も検証済み、という状態ですから、これなら安心でしょう。

早速インストールして有効化。普通の手順なので、何も難しいところはありません。

設定は、固定ページを一つ作り、呪文の「[wp_sitemap_page]」という一行を書くだけ。

これだけでサイトマップページが作られます。実際のページがこちら。

これが最もシンプルな使い方です。

もちろん、もっと凝った使い方もできて、「投稿」だけを表示するとか、あるいは、「固定ページ」だけを表示するというようなこともできます。「特定の記事は表示しない」というような指定も。設定は、管理画面のサイドバーからたどれます。

こんな感じです。英語になっていますよね。日本語にできないのかと思って調べてみたら、標準で日本語になるそうです。なので、日本語に設定する方法を説明した記事が見つかりません。いろいろ調べたり試したりしてみましたけど、英語から変更することができませんでした。まぁ、特に凝った設定をするつもりはないので、これでもいいかと思っています。もし、対処方法が分かる方がいらっしゃったら教えてください。

スポンサードリンク