iPhoneで撮影した写真で傾きを補正したくなることがあります。主にいわゆる「ブツ撮り」等の場合です。これまでは、そう言うことができるアプリを使っていたのですが、iOS 13になってから、iPhone標準の「写真」アプリで、傾き補正ができるようになっていました。これは便利です。

やり方を順を追って説明します。ここで使っているのは、iOS 13.2です。

まずは「カメラ」アプリで普通に撮影します。サンプルとしてCD(ケース)。たまたま手近にあったものです。

続いて編集をタップします。

または、「写真」アプリで撮影した写真を開いて、編集でもOKです。

どちらの方法でも、編集モードに入ります。

切取りなどの編集を行うアイコンをタップします。

これだけで、基本的な傾き補正が自動で行われます。すごく簡単です。

しかし、自動補正だけでは不充分だったり、背景の状況によっては自動補正が効かない場合があります。

そのときは、手動で調整できます。

この三つのボタンを使います。左から、回転、上下の傾き、左右の傾きです。どれか一つをタップして、下のスライドバーを動かせば調整できます。

だいぶいい感じになりました。

さらに、写真の四隅をつまんでトリミングも行ってみました。

右下のチェックマークをタップすれば、これで保存されます。

必要に応じて、明るさや色調整も行えます。

サイトに載せる写真の調整に使うと便利です。

スポンサードリンク