開業届の控え」大切にしまいこんでしまったようで、見つかりません^^;

税務署に電話して聞いてみたら、確定申告には開業届の控えはいらないとのこと。「なーんだ」と一安心ではありますが、保育園の提出書類として、自営業であることの証明書が必要です。それが、前々年の確定申告の控えか、開業届の控え。

前々年は給与所得者、いわゆるサラリーマンであったため、確定申告の控えを出しても自営の証明にはなりません(医療費控除を受けたりしたため、サラリーマンであっても確定申告はしてあります)。となれば、やはり、開業届の控えが必要です。

さぁ、困った。

ということで、税務署に電話して再発行できないか聞いてみました。回答は、「再発行できる」そうです。よかった。

しかし、申請してから税務署が確認し、一週間から十日後くらいに「なんとか通知」が郵送されてきて、それを持って、再度、税務署に行って交付を受ける、との手順で、とても面倒^^; しかも、申請に300円だか400円だかの印紙が必要だそうです。

ところが、「裏ワザ」があって、実は、「開業届」は何回出してもいいと教えてもらいました。

つまり、もう一回出せば、その場で「控え」が手に入るわけです。しかも、しかも、前回提出したものをその場で閲覧して、右から左に写してOK!開業日は最初に提出したときの日付で大丈夫です。

開業届の提出には料金はかかりません。

そんなわけで、開業届の控えが見当たらなくなったら、慌てず騒がず、もう一回提出しましょう^^;

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク