カバレッジでエラー

だいぶ前からSearch Consoleのカバレッジに「送信された URL に noindex タグが追加されています」といエラーが出ていました。でも、ちょっと調べた限りでは原因がわからず、取り立てて実害もなさそうだったので、放置していました。

先日、ふとしたきっかけで原因が判明したので対処しました。

まず、問題はこれ。

「sitemap.html」というページがあるのです。アクセスしてみるとちゃんと開けます。でも、中身はHTMLではなくて、XML。

生じているエラーは、「noindexタグが付いている」というもの。解析してみると、上の図のように、確かにnoindexが付いています。こういうものですから、インデックスしてもしょうがなく、noindexというのは正しいです。

でも、こんなページは作った覚えがありません。で、よくわからず放置していました。

[スポンサードリンク]

sitemap.html を作っているのは?

XML形式のサイトマップは、検索ロボット用。これを作るために、Google XML Sitemapsというプラグインを使っています。

これで、sitemap.xmlを生成しています。

ところが、設定をよく見ると、sitemap.html も作るというオプションがあります。

ここの「HTML形式でのサイトマップを含める」というオプションがそれです。このチェックを外せば、sitemap.htmlはなくなります(アクセスできなくなります)。

しかし、この説明は正しくないですね。中身は「HTML形式」ではなくて「XML形式」なのですから。「拡張子htmlでもサイトマップにアクセスを許可する」とかが適切ではないでしょうか?もしくは、説明どおりにHTML形式のサイトマップも生成するか。

調べてみたのですが、このチェックボックスはデフォルトでチェックされているようです。なので、このプラグインをインストールしたままなら、チェックされています。デフォルトでチェックされているということは、その方が良いだろうとのことだとは思いますけど、よくわかりません。

ともかく、このチェックを外して設定を保存します。これで良いはず。

なお、このチェックを外しても、本来のsitemap.xmlにはちゃんとアクセスできます。検索ロボット向けのサイトマップとしてはこれで問題ないはずです。

[スポンサードリンク]

Googleに報告

問題の修正が終ったので、Googleに報告します。と言っても、Search Console上のボタンを押すだけです。

「修正を検証」ボタンを押します。これだけです。Googleからは受け付けた旨のメールが来ます。

これが6月2日。「検証には数日かかることがございます」とあるので、このまま待ちます。

[スポンサードリンク]

検証完了

「数日かかる」ということで、待っていたのですが、Search Consoleで見るとエラーが出たままです。とはいえ、しょうがないし、もともと実害もない(と思う)のでそのまま待ち続けました。

そして、ついに届きました。

このメールが届いたのが6月10日。(数日ではなくて)一週間程かかりました。

Search Console上では6月9日でエラーが解消したことになっているので、ちょうど一週間のようです。

ということで、Google XML Sitemapsプラグインを使っていて、「送信された URL に noindex タグが追加されています」というエラーが起きているなら、設定をチェックするといいかと思います。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク