Windowsにログインしたら、こんなウィンドウが表示さてれていました。

Flash Playerのサポートが今年の12月いっぱいで終了するのでアンインストール使徒という話です。そうですね、そう言う話は数年前からありましたね。例えばこちら。2017年の記事です。

ついに、その日が迫ってきたというわけです。今回表示されたメッセージにもサポート終了のページへのリンクがあります。が、開いてみたら英語のページでした。Google翻訳してみましたけど、かなり読みづらい…。探してみたら、Adobeの中に日本語のページもありました。こちらです。

最初からこっちた開くようにしてくれればいいのに。

それはそれとして、サポート終了に伴ってセキュリティを考えてわざわざアンインストールを促してくれるとは親切ですね。もはやFlashを使ったサイトを見ることもないでしょうし、この機会にアンインストールします。

あっという間でした。

しかし、宣伝も忘れていませんね。アンインストール後はこういうページが開きました。

一種のダウンセルといいましょうか、見習うべき仕掛けでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク