YouTubeに動画をアップローロしました。ちょっとした工具の使い方で30秒ほどの短いもの。

そしたらすかさずスパムコメントが付きました。アップロードしてからほんの30分くらいだったと思います。スパムの内容は、アダルトサイトへの誘導リンク。コメントが付くとメールが来るようにしているので、すぐに気づき、削除しました。面倒だけどしょうがないですね。

ところが、です。それから一時間くらいしたらアップロードした動画が削除されました。こちら、その際にYouTubeから送られてきたメールです。

「ヌードや性的なコンテンツに関するポリシーに違反」と判定されたとのことですが、動画内にはそのような内容は含まれていません。考えられるのは、上に書いたように、アダルトサイトへの誘導のスパムコメント。

ただ、これで完全にアウトというわけではなくて、再審査請求ができるとのこと。先のメールの続きにこうあります。

想像するに、自動審査で引っかかたのではないでしょうか。が、明らかに誤判定だと思います。すでに、当該スパムメールも削除していますし。

というわけで、再審査請求しました。審査請求の際にコメントを付けられるようになっていたので、上の話を添えて。

その後、半日ほどで審査が完了し、無事、復活しました。

ここから分かるのは、コメントであっても審査の対象になるようだということです。

「ポリシ違反」と言われるとドキッとしますが、誤判定はある程度は仕方ないことでしょう。ちゃんと、リカバリの仕組みがあるので評価できると思います。

以上、経験のシェアです。


この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク