アップグレードを決意!

新しいWordPress、バージョン5.0。

メジャーアップグレードで、まだ出たばかりなので様子見していました。でも、ダッシュボードでは「更新してください」といつも言われのがどうにも気になります。

WordPress 5.0自体は、別途、テスト用に新規インストールして触ってみました。記事エディタは大きく変りましたが、それ以外はあまり変らないのかなと。新記事エディタ(Gutenberg)については、いろいろいじってみて、無料レポートとしてまとめてあります。

WordPress 5.0がやってきた~ 新エディタ「Gutenberg」ってどう? ~
https://mailzou.com/get.php?R=105909

この経験で、WordPress 5.0の様子はそれなりにわかったのですが、しかし、これは新規インストールしたもの。これまで使っていた4.9.8から5.0にアップグレードしたことはありません。

ということで、そのあたりの様子を見て見るべく、このブログをバージョンアップしてみることにしました。リリースからそろそろ一週間くらい経ちましたが、大きな不具合の話は聞こえてきませんし、プラグインのバージョンアップも落ち着いてきた頃だと思います。いつまでも様子見ばかりしていても仕方ありませんしね。

[スポンサードリンク]

5.0へのアップグレードを実施

メジャーアップデートと言っても、やることは大したことはありません。ダッシュボードの「更新してください」をクリックして、あとは指示に従うだけ。しばらくするとアップグレードが終了した旨、表示されます。せっかくなので、説明全体をキャプチャしてみました(長いです)。

[スポンサードリンク]

Classic Editorをインストール

WordPress 5.0の目玉は新エディタのGutenberg。これも悪くはないのですが、Markdown記法と相性が悪いことがわかっています。このあたりは、先の無料レポートで説明しています。もう一度リンクを置いておきます。Gurenbergを使ってみた様子をまとめていますので、ぜひ、ご覧ください。

WordPress 5.0がやってきた~ 新エディタ「Gutenberg」ってどう? ~
https://mailzou.com/get.php?R=105909

私としては、Markdown記法が使えないと困るので、プラグインとして提供されている旧エディタのClassic Editorをインストールします。Classic Editorについては、上の図(アップグレード完了画面)の一番下にも記載されています。その部分だけ取り出して、再掲します。

この一番下に、「Classic Editorをインストール」ボタンがあるので、これを押します。

プラグインの追加画面が開きました。つまり、普通にプラグインの新規追加画面を開いてClassic Editorを検索しても同じですね。アップグレードの案内画面からショートカットできるようになっているって感じです。

では、Classic Editorをインストールして、有効化。

設定は次のようにしました。

Classic Editorしか使えない(使わせない)という設定です。そのうち変更するかもしれませんが、まずは、これまでどおりの使い方ができるかの確認ということで。

[スポンサードリンク]

動作確認

では、投稿記事一覧を見てみます。

Classic Editorしか使えないようにしているので、4.9.8のときと同じですね。

編集を開いて、エディタの様子も見てみましょう。

これも見慣れた安心の画面です。

ここまでのところは、問題なさそうです。

[スポンサードリンク]

記事を書く

では、実際に新たに記事を書いてみることにします。

はい。正にこの記事です。何ら問題なく、これまで通りに使えます。Markdown記法を使っていますが、そこもOKです。

[スポンサードリンク]

今後のリリース予定

実は、この記事を書いている今は、5.0ではなく、5.0.1です。記事を書く準備をしていたら、自動バージョンアップで5.0.1になってしまいました。5.0に機能的な問題があったのかと思ったのですが、そうではなく、セキュリティ上の問題が見つかったようです。5.0だけでなく、過去のバージョンすべてに関わる不具合で、一斉にバージョンアップが実施されています。

では、今後の予定はどうなのだろうと思って調べてみたことろ、5.0.2が2018年12月19日にリリースの予定だと開発者ブログにありました。この版ではGutenbergやTwenty Nineteen(テーマ)の不具合修正等が含まれているとのこと。4.9から5.0へのアップグレードはこれを待つのがいいかもしれません。

詳細はこちらです。

Dev Chat Summary: December 12th

また、この記事によれば、5.1が2019年2月21日リリースの予定で作業が進められているそうです。予定の変更の可能性もあるでしょうが、進化は止まらないようです。

スポンサードリンク