前回の記事の最後でWordPressの言語のリリース予定について触れました。その予定通りに、5.0.2がリリースされました。以下が、そのリリースのアナウンスです。

WordPress 5.0.2 Maintenance Release

こちらによれば、ブロックエディタに関して45の改善(14のパフォーマンス拡張、31のバグ修正)がなされているそうです。

私としてとても気になるのは、Markdown記法との相性です。5.0でのブロックエディタではMarkdown記法が上手く使えないことをこちらのレポートで指摘しました。

WordPress 5.0がやってきた~ 新エディタ「Gutenberg」ってどう? ~
https://mailzou.com/get.php?R=105909

では、改善された5.0.2ではどうか?早速見てみました。

Gutenberg(ブロックエディタ)

「クラシック」ブロックの、

「HTMLとして編集」を使います。

Markdown記法で入力します。

今回は、太字や見出し、引用も試してみました。最後の引用のところ、「>」になっていますが、入力は「>」で行いました。エディタが自動で「>」に変換しました。

一旦、保存してみます。

残念ながら、前回と同じですね。HTMLに展開されてしまい、Markdown記法が失われてしまいました。

念のため、実際の表示も確認してみます。

多重引用が上手く行っていません。

クラッシックエディタ

続いて、同じことをクラシックエディタでも確認してみます。

「>」の自動変換は行われません。

保存して、再度開いてもMarkdown記法のままでした。

実際の表示。

こちらは、多重引用も問題ありません。

多数の改善が行われた5.0.2ですがが、残念ながらMarkdown記法周りについては、問題を抱えたままでした。