Keyword Tool Dominator

Amazonの関連語が調べられるツールKeyword Tool Dominatorを試してみました。このツールは、GoogleやBingなどの関連語も調べられますが、他にも沢山対応しているのが特徴。eBayとか、Walmartとか…。日本人にはあまり馴染みがないでしょうね。そうした中で、Amazonは使えるかなと思います。

[スポンサードリンク]

アクセス

公式サイトはこちら。

この中の「Amazon Keyword Tool」がそれです。直リンクも載せておきます。

[スポンサードリンク]

使ってみる

少し下がるとキワードの入力フォームがあります。

とりあえず、「ノイキャン」を調べてみます(ノイズキャンセリングイヤフォンやヘッドフォン)。単なる思いつきです。もちろん、「Japan」を指定します。

しばらく待つと、結果が出ました。

見方の説明はこちら。

日本語に訳しましょう。Chromeでアクセスしたので、右クリックのメニューから「日本語に翻訳」を選択します。

これならわかりますね。

ただし、翻訳して欲しくないものまで翻訳されてしまっています。

「ノイキャン bose」だったものが「ノイキャンボーズ」になってしまっています。これは「検索語」ですので訳すべきではありませんね。

原文表示に切り替えれば、元に戻ります。今度は右クリックからは行けないので、オムニバーの翻訳アイコンで。

戻りました。

[スポンサードリンク]

再検索等

検索結果の各キーワードにはリンクが付いています。

一番右のアイコンをクリックすると、Amazonでこのキーワードを検索した結果が開きます。

その左隣りのペン(?)のアイコンをクリックすると、このキーワードが検索ボックスに反映されます。

これを使って再検索できます。

続いてもう一つ。

どうやら、一日に二回の制限があるようです。それ以上検索したければサインアップ(無料)せよとのこと。

[スポンサードリンク]

サインアップ

仰せに従って、サインアップしてみます(「YES」のボタンをクリック)。

フォームに、ユーザ名、パスワード、パスワードもう一度(確認用)、メールアドレスを入力してボタンを押せば登録できます。

入力したメールアドレスにアクティベーションの通知が来るので、そこに指定されたURLをクリックしてアクティベートします。

これで、サインインできるようになります。

[スポンサードリンク]

Chrome拡張機能

サインインしたらこんなポップアップが。

どうやら、Chromeの拡張機能をインストールする必要があるようです。また、言い換えれば、他のWebブラウザではダメみたいです。

ということで、ボタンをクリックして、拡張機能をインストール。

特にどうということなく、すぐにインストールできます。

ここから目的のツールにアクセスできます。

「Keyword Tool Dominator extension version 1.2 active.」と表示され、拡張機能が有効になっていることがわかります。

では、改めて検索してみます。

あれ?サインアップすれば一日二回の制限がなくなるのかと思ったんですが、そうではありませんでした。有料ってことのようです。

ということで、料金を払うか、一日二回という制限の範囲で使うかですね。なお、この「一日」は日付ではなく「24時間」のようです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク