LuxeritasをインストールしてブログをAMP対応しました

コアウェブバイタルのスコアが悪い

今年(2021年)の5月からコアウェブバイタルがGoogleの検索ランキングに影響してきます。

PageSpeed Insightsでこのサイトを見てみると、結構悲惨な状況です。

ご覧のとおり、パソコン側はまぁまぁですけど、モバイル側は目も当てられない状況。上の測定結果では「CrUX(Chromeユーザーエクスペリエンスレポート)にはデータが少なすぎるため、よくわからない」と言っているのですけど、まぁ、それでも、PageSpeed Insightsでの計測結果からして良くはないだろうことはわかります。

このサイト、これまでにいろんな最適化やキャッシュ系のプラグインを試してみて少しは良くなりはしましたけど、劇的な効果とはならず。それでも、サーバを変えてだいぶ良くなりました。それでも上のような測定結果です。その辺りの話はこちらのページ。

AMPで解決できるみたい

そんなときに目にとまったのがこちらのページ。

この中のこれに注目。

AMP 対応している場合、AMP と非 AMP ページのどちらが対象になるのか?

AMP の方。AMP ページを提供している場合は、モバイル検索では今までどおり AMP ページにリンクする。

「そうか!モバイルの方はAMPに対応すれば解決じゃん!」と、これを見て思ったわけです。AMPならかなり良い値が出ますからね。

AMP対応のテーマに変更

AMPに対応するには、二つの方法があります。

  1. AMP対応用のプラグインを導入する
  2. AMPに対応したテーマを使う

使用しているWordPressのテーマがAMPに対応していれば特に何も考えることはありません。AMP対応を有効(ON)にすればいいだけ。でも、テーマがAMPに対応していなければプラグインを使うことになります。

AMPのプラグインはWordPressの管理画面のプラグインの新規インストールの画面で検索すればいくつか見つかります。実際、試してみたところ、結構いい感じでAMP対応してくれます。何年か前に試したときにはかなりしょぼいデザインでしたけど、今は使用中テーマを反映した結構いい感じです。でも、よく見ていくとところどころおかしなところが。

こうなるとあれこれ調べるよりも、いっそのことAMP対応のテーマに替えた方が楽そうです。ちなみに、どのテーマを使おうかと思って調べたときに作った副産物がこちらのレポートです。

で、結局の所、Luxeritasを選びました。

Luxeritasのスピード

WordPressのテーマを変えることは簡単です。管理画面で切り替えるだけですので。しかし、実際のところは、それだとサイドバーの表示が崩れたり、以前のテーマに依存した記述が上手く表示されなくなったりなど色々と問題が出てきます。そうしたものは、残念ながら一つ一つ手動で対応していくしかありません。もし上手い方法をご存知だったら教えてください。

ともかく、テーマを変えて最低限の設定だけ行った状態(不要になるプラグインを外すとか)で速度をPageSpeed Insightsで見てみます。

通常ページ(非AMP)

速いですね!テーマ変更前のスコアは、モバイルが35、パソコンが88でした。テーマをLuxeritasにしたら、それぞれ、61と92に改善しました。モバイルの方は元が悪かっただけに速度向上が著しいです。一応補足すると、このスコアは計測するたびに変ります。常にこの値というわけではありません。何度かやってみて一番いい値をキャプチャしました(例えば、パソコンではだいたい80~90程度)。

AMP

では、今回の本題であるAMPの測定結果です。

素晴らしいですね。モバイルでも90を超えています(繰り返しですが、常にこの値ではなく、何度か測定して一番良かったものですけど)。これなら5月からの「検索順位指標にコアウェブバイタルを反映する」も恐れることはありません。

まとめ

これまでサイトの表示速度高速化のために色々やってきました。その経験から言えるのはこの二つ。

  1. 速いサーバを使う(キャッシュはプラグインではなく、サーバ機能で)
  2. 速いテーマを使う(テーマがAMP対応していることも必須)

実にシンプルな結果です。物事は結局の所は単純なことに行き着くようです。あれこれ努力して時間を潰してしまうよりも、正面から攻めた方が簡単で早いようです。ちなみに、今使っているのはエックスサーバーです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク