ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えました

2021/05/29

ahamoに始まった大手携帯キャリアの格安プラン。私も乗り換えようと思っていたのですが、調べているうちに「思ってたよりもシンプルじゃない」と面倒になってしばらく放置していました。とは言え、やはり、価格の違いは大きいので、重い腰を上げて乗り換えました。

LINEMOはYahoo!プレミアム特典がない → ワイモバイルを選択

まず、もともと使っていたのがソフトバンク。そのお陰でどっぷりと「Yahoo!経済圏」に浸っています。要するにYahoo!プレミアムをしっかり使っているわけです。特にこの辺りが魅力。

  • Yahoo!ショッピングやPayPayモールでのポイント還元率の高さ
  • ヤフオク!出品時の手数料が少し割安
  • 所定の雑誌読み放題

こうした恩恵にあずかり続けるためにはソフトバンク系を選択することになります。となると、LINEMO。それに、ソフトバンクからLINEMOへの乗換えなら解約金がかからないのも大きなポイント。

と思ったのですが、LINEMOってYahoo!プレミアムの特典が付いていないとのこと。

つまり、LINEMOに乗り換えたらYahoo!プレミアムは別途有料で利用することになります。これは大きな落とし穴です。それだったらLINEMOにこだわる必要もなく、ahamoでもpovoでもいいわけです。しかし、ソフトバンク系以外への乗換えだと、ソフトバンクの解約金がかかるという大きな問題が…。

そこで思い出したのがワイモバイル(Y!mobile)。調べてみるとワイモバイルならYahoo!プレミアム for Y!mobileという名称で、Yahoo!プレミアムが無料で利用できるとのこと。また、ソフトバンク系列での乗換えなので、ソフトバンクの解約手数料(違約金)もかかりません。

ということで、ワイモバイルに乗り換えることにしました。

[スポンサードリンク]

iPhoneのSIMロック解除

まずは、今使っているiPhoneのSIMロックを解除しなければなりません。とは言え、わざわざショップに出向く必要はなく、オンラインで簡単に行なえます。

My Softbankにログインします。

「契約・オプション管理」→「SIMロック解除手続き」と進みます。

IMEI番号はiPhoneの管理画面で調べられます。

主回線デジタルSIMの二か所にIMEIの項目がありますが、多分、主回線の方でしょう。実際、それを入力したら通りました。

これで、一旦、iPhoneの電源を切り、再度入れ直して確認したら「SIMロックなし」となりました。

[スポンサードリンク]

ワイモバイル申し込み手続き

続いて、ワイモバイルの申し込みを行います。ショップに出向かずとも、Y!mobileオンラインストアで手続きできます。

自分の機種にあったサイズのSIMカードを選択します。「※SIMに関する詳細はこちら」のリンクをクリックすると機種ごとのSIMサイズの一覧が見られました。ざっと見た限りでは、iPhone X以降の機種はいずれもnanoでした(それより古い機種は未確認)。

「My SoftBankiにログイン」をクリックしたら別ウィンドウが開きました。

ログインしたらこの画面は自動で閉じました。これで、必要な情報が引き継がれたようです。この辺りは同じ系列の会社ということで手間いらずで楽です。

プランはどうしようかと思いましたが、実際のところ、ほとんどWi-Fiで使っているため、キャリア回線の使用量は極めて少ないです。1GBもいっていない月が大半。ということで、最も安い「シンプルS」を選択。

電話もあまり使わないので、オプション類はすべてなしで。まずは、これで使って様子を見ることにします。電話料金が結構掛かるようなら、後でオプションを設定すればいいかなと。

支払い方法も現在の方法を引き継ぐことができて簡単です。

これで手続完了です。ソフトバンクからの乗換だとプラン(とオプション)を選び、連絡先の電話番号などを入力する程度で非常に簡単に手続きできました。

上の案内にもあるように、登録したアドレスにメールが届きます。

このリンクから状況をチェックしてみました。

あとは商品(と言っても、SIMカードだけ)が届くのを待つだけです。

[スポンサードリンク]

LINEMOとワイモバイルの比較

改めて、LINEMOとワイモバイルを比較してみます。下の表は私が気になった(重視)したものだけです。

ワイモバイルLINEMO
月額料金3,278円/15GB2,728円/20GB
通話料オプション月額770円/1回10分以内国内通話550円/1回5分以内国内通話
留守番電話無料非対応
テザリング無料無料
ソフトバンクWi-Fiスポット無料利用不可
Yahoo!プレミアム無料なし(別途申し込み、508円/月)
各種割引(家族割など)ありなし

上の表で、ワイモバイルの料金プランはシンプルMのもの。また、ワイモバイルもLINEMOもキャンペーンで期間限定の割引などが設定されていますが、それらはいわば「見せかけの安さ」なので、表には含めていません。

LINEMOを選択しなかったのは、Yahoo!プレミアムがついてない、留守番電話がない(オプションでの提供もない)、ソフトバンクWi-Fiスポットが使えないといった理由です。こうしたことを考えれば、ワイモバイルが私には向いていると思いました。

続きはこちら。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク