reCAPTCHAが難しい → 最後には足し算が!

Googleの画像を使った認証システムのreCAPTCAH。かなり難しいものに遭遇しましたので紹介します。

最初がこれ。

まず、画像が粗いですね。ときどきこういうのがあります。

そして、出題が「煙突」とのことですが「これだ!」と断定できるものが見当たりません。それっぽいものはありますけど、西洋の建物なのか、日本人の感覚ではイマイチ分かりづらいと思います。銭湯とか工場なんかの煙突だとすぐに分かるのですけど。

こういうのって何も選択しないのが正解だってことが案外あります。これもそうかも知れないので、一つも選択せずに「確認」を押してみました。

残念ながら正解ではなかったようで、別の画像が出てきました。

これはまた超難題。自転車なんてないでしょ?でも、もしかしたら、左下に乗り物がありますが、どう見てもペダルはなさそうなので自転車ではないはず。「bike / motor bike / 自転車」がごっちゃになっている可能性がないこともないですが。

万が一その乗り物がここでいう自転車だとしても、どこまでがその範囲なのか?真ん中右上のオレンジのランプ(?)の部分も入るのか判断できません。

ここは何も選択せずに「スキップ」してみます。

出ました。また「煙突」の問題。さっきと同様の理由でわかりません。再び「スキップ」。

今度は「信号機」。これはわかります。

この三つを選んで「確認」。

これで通過できると思ったのですが、なんと、驚く展開が待っていました。

「ボットでないことを証明して下さい」と足し算が求められました。初めて見ました、これは。何度も間違えたりスキップしたりすると、こういうのが待っているんですね。ビックリです。このあとは足し算の答えを間違わずに入力したらログインできました。

しかし、折角の機会だったので、足し算を間違えたらどうなるか試してみればよかったかもしれませんね。

この下は別のときのものですが、また難題だったのでキャプチャしておきました。

これも「橋」は一つもありません。少なくとも、例として挙げられているようなものは。左上、右上、真ん中の左がそれっぽくはありますけど、それらは「陸橋」に見えますし。もしその三つを選ぶんだったら、上の真ん中もそれっぽく見えなくもない。高架の道路かもしれませんけど、判断できません(下に立体交差している道路があるように思えなくもないですし)。

ボットを排除するためのものなんですけど、人間も排除されてしまっている気がします。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク