ヒートマップ分析でサイト改善する方法を集めました

先日、ヒートマップツールのMicrosoft Clarityを紹介する無料レポートを出したところ、おかげさまでメルぞう新着ランキングの1位と5位になりました。

レポートはこちらです。

ヒートマップツールはWebベージの分析に非常に役立つものですが、それなりのお値段なのがネックでした。しかし、Microsoftが完全無料で無制限のヒートマップツールを出してくれたことで、値段の壁がなくなりました。ありがたいことです。

Microsoft Clarityのインストール方法と初歩的な使い方は上のレポートに書きましたが、肝心なのは、それをどう活用するか。つまり、サイト(ページ)の改善にどう活かすか、です。そうした具体的な活用に参考になるページを拾い出しておきます。

以上、五つです。

ヒートマップを紹介しているサイトは他にもたくさんあるのですが、「ヒートマップとは」という程度の説明や各社のヒートマップの簡単な比較のサイトが多く、具体的な活用方法まで解説しているサイトはあまりありません。上の五つがある程度は具体的な活用方法までを解説してくれています。他にもあるかもしれません(多分、きっとあるのでしょう)が、目に留まったのはこれらです。

なお、上のページのいくつかには熟読度の分析の話も出てきますが、Microsoft Clarityには(今のところ)その機能はありません。今後に期待したいところです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク