Search Console InsightsをGA4に関連付けてみた

Google Search Console Teamから「Search Console Insights が Google アナリティクス 4 をサポートするようになりました」というメールが来ました。

従来のGoogleアナリティクスは遠くない将来に廃止されますし、この機会にGA4への関連付けをやってみます。

Search Console Insightsを開く

Search Consoleを開いてみたら、そこのメッセージにも同様なお知らせが来ていました。

下の方にはSearch Console Insightsを開くリンクがありました。

これをクリックしても良いのでしょうが、Search Consoleの一番上に同様のリンクがありますので、こちらをクリック。

現状(従来のGoogle Analyticsに関連付けした状態)の表示内容はこんな様子。

GA4の関連付けを行う

現状を確認したところで、GA4の関連付けを行っていきます。設定関連の話なので、右上の歯車アイコンをクリック。

現在の関連付けの状況が表示されました(ポップアップウィンドウ)。「関連付けを修正」のリンクをクリック。

「関連付けられているサービス」には「Google Analytics」とあります。また、「UA」ともありますから、間違いなく旧来のサービスです(UA: Universal Analytics)。

その下に「Googleアナリティクス(GA4)」とあり、「関連付け」の文字はリンクになっています。これをクリックします。

設定済みのGA4プロパティの一覧が表示されました。この中から、関連付けるものを選択します。今回は一番上のものです。「続行」をクリック。

「データストリームの選択」の選択ですが、ここでは一つしかありません。GA4で一つしか作っていないので当然ですが(下の図)。

ということで、ここでは選択の余地はなく、最初からチェックされているそのままで「続行」を押します。

最終確認のようです。「関連付ける」をクリック。

少し時間がかかりました。1分くらい?そんなにかからなかったかな?まぁ、そのくらいです。

関連付けができたようです。新たに関連付けたGA4と、以前から関連付けてあるUAの両方が並んでいます。これで終了かと思ったのですが、上の方に目をやると「Google アナリティクス 4 の統計情報を Search Console Insights に表示するには、Google アナリティクス UA の関連付けを削除してください。」とあります。

UAの関連付けを削除する

ということで、UAの方の関連付けを外します。

右の方にある縦三点リーダ状のメニューを開くと「関連付けを削除」があるので、これを選択。

UAが関連付けられているサービスのリストから外れ、GA4だけになりました。

Search Console Insightsでの表示を確認する

では、表示がどう変ったのか見てみます。

同じようなグラフが表示されていますし、ざっと見た感じでは大きな違いはなさそうです。ですが、よく見るとページビューの数字が大きく違います。変更前は3,164だったのが、変更後は6,156と、ほぼ倍増しています。また、その横の数字も前は平均ページビュー時間だったのが、変更後は平均エンゲージメント次官になっています。このように、表示される内容かかなり変っているようです。これはUAとGA4の違いでしょうね。どっちがいいとかそういう話ではなく、UAからGA4に変るので、そういうものだと受け入れるしかないです。

また、Search Consoleのトップ画面にあるSearch Console Insightsへのリンク側の文言が「コンテンツ クリエイター向けサイト分析」に変っています。

この文言、以前は「人々がウェブでどのようにして自分のコンテンツを発見しているかを確認できます」でした(このページの上の方にそのキャプチャ画像もあります)。

関連付け作業自体は難しいものではないので、やっておくと良いと思います。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク