AdSenseの管理画面にログインしたら、次の警告が表示されていました。

Earnings at risk - You need to fix some ads.txt file issues to avoid severe impact to your revenue.

「Earnings at risk(収益にリスクあり)」とは穏やかではないですね。その対処として、「ads.txtファイルの問題を修正せよ」とあります。

すくに処置くべきなのでしょうが、このメッセージを見たときには、ちょと時間がなかったので、後回しにしました。

その後、時間を作って再び管理画面を見たら、今度はメッセージが日本語になっていました。

要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

表現方法は変っていますが、言っていることは同じですね。何しろ「ads.txtファイルの問題」を修正しないとAdSenseの収益に重大な影響が出るようです。

では、早速対処していきましょう。

「今すぐ修正」をクリックすると、このような表示がでました。

各サイトのルートレベル(トップレベル)にads.txtファイルを置けば良いようです。そのファイルはダウンロードできるようになっています(下にリンクがあります)。

ということで、このファイルをダウンロードし、当該サイトにFTPでアップロードします。

念のため、このファイルのURLにアクセスして、ちゃんと見られるか確認しておきます。

https://affilife.sainoa.com/ads.txt

大丈夫なようです。この処置を行うだけでお終いみたいです。Googleへの報告などの作業はなさそうです。おそらく、そのうちクローラが回ってきてチェックするのでしょう。


【補足】

手順としては上の通りでよいのですが、ads.txtファイルを置く場所は上の場所ではダメでした。しばらく待っても警告が出たままです。

では、正解(ポイント)は何かと言うと、「サイトのルートレベル(トップレベル)にads.txtファイルを置く」です。このブログの場合は、affilifeというサブドメインを使っていますが、ads.txtファイルを置くのはサブドメインではダメということです。

そこで、

https://sainoa.com/ads.txt

に設置して、しばらく様子を見たら、このドメインに対しての警告はなくなりました。もしサブドメインで運用しているなら、この点に注意してください。


ついでながら、上の警告文の「ヘルプ」をクリックすると、こちらのページが開きます。

このads.txtに関しては、このヘルプが役に立ちます。

【こちらも注目】

スポンサードリンク