キャッシュ系プラグインの紹介、五つ目。今回は、W3 Total Cacheです。

これまでに紹介したのはこの四つ。

では、早速、W3 Total Cacheの設定状況です。実は、これがものすごくたくさんあります。ざーーーーーーーっと、ご覧ください。ほぼ、デフォルトのままです。

ほぼ日本語化されているのでいいですけど。それにしても多いですね。実は、これだけではなくて、というか、これは「一般設定」の画面だけで、他にまだまだたこんなにあります。

一つ開いてみましたが、あまりにも面倒なのですぐに閉じました。なので、標準設定のままです。

結果ですけど、これは速いです。キャッシュされているページがすぐ見えるようになるのももちろんですが、見え始めてから読み終わるまでの時間が短いように感じます。また、キャッシュされていないページも開くのが速いように感じます。

PageSpeed Insightsでの測定結果も見てみます。これまでと同じように、WP Fastest Cacheの結果の再掲と、今回のものの比較です。

こちらの方が良いですね。とはいえ、14と15なので、実質同じだと思いますけど(誤差の範囲)。

「改善できる項目」も比較。

なかなか比較しづらい。それぞれの個性っていうところでしょうか?

W3 Total Cacheは設定項目が非常に多くて複雑だけれども、その分、効果が高いという印象です。設定項目が多いとは言え、デフォルト設定でしっかりした結果を出してくれるので、項目数が多いことは気にしなくていいのかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク