エックスサーバーの「WordPress簡単移行」は上手く移行できない

「WordPress簡単移行」をやってみた

エックスサーバーには他社サーバで運用中のWordPressを簡単に引っ越せる「WordPress簡単移行」があります。マニュアルはこちら。

これを使えば簡単に引っ越せそうです。

引っ越せたけれど…、新規記事の画像が表示されない

作業はマニュアルの手順に沿って進め、簡単に終えることができました。引越し後のサイトもちゃんと表示できます。

しかし、新しく記事を書いたところ、問題に遭遇。記事を書くことはできるのですが、画像を貼り込むとそこが空(から)になるのです。これがそのときの様子。

上の画像での四角の枠、本来なら画像が表示されるところです。引越し前の記事は画像が表示されるけれど、引越し後に書いた記事は画像が空白になってしまうという現象です。なお、エラー等は表示されていません。

画像が別のディレクトリにアップロードされていた

調べてみたところ、貼り込んだ画像がサーバ上で本来とは違う場所(ディレクトリ)にアップロードされていました。データベースの中を検索してみると、画像のアップロードディレクトリはwp_optionsというテーブルのupload_pathというレコードで定義されているようです。

ここの値が今のサーバ(引越し後のサーバ)のものではなく、引越し前のサーバのディレクトリ構成になっています。これが原因のようです。

引越し元のサーバ(さくらのレンタルサーバ)で同様の確認をしてみると同じ値が入っています。

ということは、ここをエックスサーバーのディレクトリ構成に合わせて変更すればいいのかもしれません。

そこで、エックスサーバーでまっさらな状態(新規にインストールした状態)のWordPressのこのレコードを確認して見たら、空欄でした。

どうやら、「空欄」はデフォルト値を表しているのでしょう。余計なものを書かずに、空欄に変更するのが良さそうです。

しかし、もう少しデータベースの中をのぞいてみると、引越し元のディレクトリ構造を記載したレコードは他にもたくさん見つかりました。それらすべて変更するのは面倒ですし、また、これ以外にも問題はあるのかもしれません(気づいていないだけで)。

そう考えると、エックスサーバーの「WordPress簡単移行」引っ越したものを使うのは怖いと感じます。

[スポンサードリンク]

ドメイン名の変更を伴う引越しもできない

こちらは以前やった話ですが、ドメイン名の変更を伴う移行では別の問題もあります。そのときの記事はこちら。

[スポンサードリンク]

結論

「WordPress簡単移行」は、以前やって上手く行かなかったものの、そのときはドメイン名の変更を伴う引越しが問題だったと認識していました。

今回はドメイン名はそのままなので大丈夫だろうと思って実施したのですが、こうした別の問題がありました。

結局、やっぱり、エックスサーバーの「WordPress簡単移行」は使えないようです。おそらく上手くいくケースもあるのでしょうが、私が試した二つのケースではどちらもダメでした。こういう状況を見ると、今後これを使ってみようという気は起きません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

スポンサードリンク